はじめに

個人住宅を中心とするアトリエ的な小事務所をかまえて設計を業とするようになってから二十年近くになる。この仕事を始めてから今日まで、設計をおこなうことに自分なりに苦しみつつも、いささかの経験と修練を積んだと思うが、それは、最低限の常識的な建築家としての修業の過程にすぎず、あえて他者に語れるほどのものではない。その間に仕事の場で考えたこと、あるいは、心に残る出来事をまとめることで、自身の今後の進むべき道標になるのではないかと考えた。

  • 余白と間

    住宅の設計において大切にしていることは何ですか、、、と問われたら躊躇なく「余白」や「間」を大切にしたい、と答えるようにしている。家族の距離感や空間の居心地は育…

  • 住み心地

    住み心地とはなんだろう。人生における一時の「ハレ」の瞬間ではなく、日常性、いわゆる生活そのものである「ケ」の時の極めて個人的で淡々とした時間を住まいでの住み心…

  • 中庭のあるコートハウス

    「明るく広々とした住宅を」という希望に対して、中庭を介して家族の気配を感じ合えるような一体感のある家を提案することが多い。庭には緑を配し、アプローチを通して中…

  • 2階リビングへの思い

    20代半ばのまだ何もわからない頃、知り合いの家を設計することになった。敷地は周りを住宅に囲まれた小さな敷地で、南には大きな2階建ての家が建っていた。施主は当時…

  • 記憶の中の階段

    私の幼い記憶の中での階段は、狭くて暗く、家の中の隅っこにあった。生活の中心は1階がであり、2階は狭い廊下に幾つかの個室で構成されていた。同じ頃、目にした階段の…

  • 家相について

    施主との打合せの時に、必ず聞くことがある。「家相」を気にしますか?という質問だ。時には施主の方から家相を気にするのですが、設計をお願いできますか、と先に言われ…

  • 書斎について

    男性の間で書斎への憧れがひろがりつつあると新聞の記事を目にした。けっして新しい話ではないが、私も同じことを感じていた。男性専門の雑誌や住宅雑誌でも時々、特集が…