プレゼンテーション」カテゴリーアーカイブ

市街地に建つ箱型の住まい

早いもので明日から12月。慌ただしい季節になりました。忙しくしていると大切な事を見落としがちなので、慎重に毎日を送ろうと思います。

さて、新しいプロジェクトを紹介します。今回の計画は、駅から近い市街地にある敷地ということで、外部からの視線を考慮しつつ快適な住空間とするため、2階に設けたインナーテラスを囲むように居室を配置し、建物全体に光と風が抜ける明るく爽やかな空間構成としています。

外観は、タイル、塗り壁やルーバーなどの質感の異なる素材を組み合わせ、メリハリのあるファサードとしています。また、箱型のボリュームを基調とした建物の2階部分をオーバーハングさせることで、重厚感の中にも動きのあるデザインとしました。市街地の街並みに配慮しつつも、街ゆく人の目を惹くようなデザインを目指しています。

建物の随所にこだわりの詰まった住宅です。計画も大詰めに差し掛かり、着工が楽しみです。

Tokutake , Tsukada

インナーガレージのある2階リビングの住まい

現在計画中の住宅を紹介します。

今回の計画は、閑静な住宅地の中に建つ小さな木造2階建ての住まいで、2階のボリュームをオーバーハングさせた折れ屋根の外観が特徴となっています。内部は螺旋階段があり、明るく開放的な2階リビングを中心にロフトや、1階にはスライド式開閉扉のインナーガレージや趣味の音楽を楽しむための防音室を設けるなど、コンパクトながら遊び心のある空間構成としました。

敷地が法規制の厳しい用途地域に指定されているため、高さ、床面積等を抑えつつロフトも含めた断面計画が重要であると考えています。始まったばかりですが課題を1つずつ解決してより良い住まいにしていこうと思います。

Yamaguchi

中庭で繋がる2階リビングの家

現在計画中の案件をご紹介します。

住宅街にある今回の敷地は、東と北が道路に面し、南には3階建てのアパートが近接して建っています。諸条件とヒアリングによって、プライバシーを確保しつつ光をどのように採り入れるかをコンセプトに計画しました。

外観は、大小様々な四角い箱のボリュームを組み合わせた3階建ての建物とし、東面と北面の2階部分をオーバーハングさせ5台分の駐車場を確保した構造的にも特色のあるデザインになっています。内部は、建物の中心に中庭を設け、外部からの視線を遮りながら建物全体に光と風が行き渡るよう計画しました。また、中庭を介して主寝室、リビングや子供室が、スキップフロアでゆるやかに繋がることで程よい距離感を保ちつつ、明るく開放的な気持ちのいい空間となるよう配慮しました。

1回目のプレゼンテーションではとても気に入って頂き、基本コンセプトを共有することが出来ました。まだ始まったばかりですが修正を加え、よりよい建物にするために頑張っていきたいと思います。

yamaguchi

シンプルなホワイトキューブ(太田市)

現在計画中の案件をご紹介します。

北側が幹線道路に面した敷地に、鉄筋コンクリート造の店舗併用住宅を建てる計画です。3方が建物に囲まれており、プライバシーを確保しつつ、各階に光や風を上手に採り入れることが必要となります。

外観は、シンプルな白い外壁にスリットや、線をそろえた横長の開口を設け陰影などのメリハリをつけることで、すっきりとした印象に仕上げ、デザインの調和を図りました。内観は、2階の住宅にリビングと繋がる、壁に囲われた大きなプライベートバルコニーを設けることで、明るく開放感のある空間としました。

始まったばかりでまだ課題がありますが、1つずつ解決していきたいと思います。

Yamaguchi

カフェ&ベーカリー計画

現在進行中のプレゼンテーションを紹介します。

市街地から少し離れたのどかな住宅地に建つカフェ&ベーカリーの計画です。通りに面した敷地沿いに、見え隠れする仕切り壁やシンボルツリーを配置し、緑に囲まれた静かな環境の創造をイメージした計画としています。

外観は、高さを抑えた奥行きのあるシンプルな切妻屋根の建物とし、南面と道路面壁に大きな開口を切り取り、外観デザインにメリハリを持たせることで、周辺 環境に対して印象的なデザインとしました。内部は、高天井のカフェを中心とした開放的で落ち着いた空間を目指しています。また、働く人とお客さんの双方に とって快適な空間となるよう、空間の配置や動線の計画をしています。まだ始まったばかりですが、よりよい建物にするために頑張っていきたいと思います。

Yamaguchi

オープンキッチンの住まい

現在計画中の案件をご紹介します。

のどかな住宅街に位置した敷地に家族4人の為の住まいを建てる計画です。今回は、敷地の高低差を活かし南側の塀を高くすることで道路からの視線を気にすること無く過ごせるよう計画しています。

外観は、敷地が上がっている分、建物の高さを抑えることで通りに対して圧迫感が出ないようにしています。内部は、多くの来客に対応できるようアイランドキッチンを中心に明るく開放的なLDKとし、また、水廻りの配置を工夫することで、居住者と来客の動線が交わることがないようにしています。

まだ計画段階ですが課題を1つずつ解決していき、よりよい住まいとなるよう計画していきたいと思います。

yamaguchi

ガレージのある対の住まい

先日行ったプレゼンテーションをご紹介します。

今回は、のどかな環境に囲まれた敷地に家族4人の為の住まいとガレージを建てる計画です。外観は、寄棟を少し変形させた屋根が特徴です。一部2階建ての建物を平屋に見せるため高さを低く抑え、ガレージと対になるようにデザインすることで一体感を演出しています。

内部は、吹抜けリビングと南向きに大きく開口を取ることで、2階の子供部屋を含む建物全体に光と風が行き渡るように計画し、また家事負担を軽減するために生活のほとんどを1階部分で完結できるよう動線に配慮しています。まだまだ計画段階ですが、与条件をしっかり整理し、より良い建物にしていきたいと思います。

Yamaguchi

栃木市の住まい

現在計画中の物件を紹介したいと思います。

新興分譲地に計画する家族3人のための住まいです。北と西の2方向が道路に面した敷地で、プライバシーの確保とアプローチ動線を考慮することが必要でした。外観は、総2階としたボリュームに、片流れの屋根と玄関の庇で変化をつけたシャープなデザインが特徴です。

内部は、共働きの負担を軽減できるように、収納の取り方や家事動線に重点を置いています。家の中心となる居間のスペースは、施主の要望により掘こたつのある和室とし、家族のくつろぎ空間として計画しています。庭への広がりや縦のつながりなど、まだまだ検討事項はありますが、ひとつずつ整理してしっかりと設計していきたいと思います。

Ishizuka

吹抜リビングで繋がる三世代の住まい

日毎に秋も深まり、肌寒い日々が続いていますが皆様元気でお過ごしでしょうか?私は布団の温もりのせいか、寝付きもよく絶好調の毎日です!

先日行ったプレゼンテーションをご紹介します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-14-37-22

今回は、宇都宮市内の閑静な住宅街に位置する築50年の既存の建物を解体し、新しくご両親の住まいを建てる計画です。将来お子様夫婦が同居する時に備えて家族構成の変化に柔軟な対応ができる設計が重要となります。外観は軒の深い切妻屋根や、木製ルーバー等を取り入れ、和のテイストを意識したデザインとしました。内部は、畳間を中心に既存の庭と繋がる吹抜リビングや、屋内土間、2階には吹抜けリビングとつながるフリースペースを設けるなど、採光や通風など住環境に考慮した空間構成としています。

Yamaguchi

街なかの住まい

こんにちは。秋雨前線の影響で残暑も一段落し、とても過ごしやすくなりましたね。

(雨ばかりで気持ちが滅りますが)

今日は先日行ったプレゼンテーションをご紹介します。

敷地は商業中心地区から路地を一つ隔てた、建物密集地域にあり、隣地の建物が境界ギリギリまで迫っているため、採光や通風などを確保し居住環境を整えることが重要となります。
今回の計画案では、吹抜リビングを中心に各居室が繋がることで、空間がより明るく、広がりが生まれるように心がけました。
また、外観は付属するインナーガレージに対し3階建ての住居部分を引いて配置することで、道路面に対し圧迫感の少ないファサードデザインとしました。

harigaya