Works | 栃木・群馬・茨城・埼玉・東京・関東エリアを拠点に活動する建築家 栃木県小山市の羽鳥芳之建築設計事務所 | 住宅設計・店舗設計

  • 中庭のある切妻屋根の住まい -「エアパス工法」と薪ストーブによる自然派志向の住まい-
  • 中庭のある切妻屋根の住まい -「エアパス工法」と薪ストーブによる自然派志向の住まい-

中庭のある切妻屋根の住まい -「エアパス工法」と薪ストーブによる自然派志向の住まい-
閑静な住宅地に建つ、和風テイストの住まいです。高天井リビングのある「南棟」と、各居室のある「北棟」の二つのエリアを、風や光を取り込む中庭空間で繋いだプランニングが特徴です。外観は、白の左官壁に、2種類の異なる大きさの切妻屋根や、統一感のある車庫や塀などの外構を組み合わせることで、動きに変化のあるデザインとしながら、まとまりのある印象に仕上げました。内部空間は、桧の縁甲板にしっくい壁、無垢の造作建具や家具をコーディネートすることで、温もりのあるインテリアとしています。リビングに設置された薪ストーブも、空間を彩るアイテムとして重要な役目を果たしています。
また、お施主様紹介の工務店が得意とするパッシブソーラーハウス「エアパス工法」を設計に採用し、自然エネルギーを取り入れることで「夏は涼しく冬は暖かく」四季を通じて快適に過ごすことのできる住空間となりました。
DIMENSIONS : 1F/155.15㎡(46.9坪) 2F/60.880㎡(18.4坪)  Total/216.03㎡(65.3坪)  ガレージ/29.56㎡(8.9坪)
INDEXに戻る