栃木・群馬・茨城・埼玉・東京・関東エリアを拠点に活動する建築家 栃木県小山市の羽鳥芳之建築設計事務所 | 住宅設計・店舗設計

Message

家を建てようと思った方へ

家を建てようと考えた時、様々な選択肢の中から本当に自分たちにあった住まいを的確にイメージすることは大変難しいことだと思います。漠然とした夢はあっても、それをカタチにするためには費用などの諸問題はもちろんですが、本当に大切なのは一緒に理想の住まいをつくるための良いパートナーと出会うことではないでしょうか。

人それぞれに個性やライフスタイルがあるように、住まいのカタチに定型化された形式というものはありません。家をつくる課程において、既成の慣習や概念に捕らわれず、しなやかな発想によって、新しい住まいのカタチが生まれていくものだと思います。
そしてその「しなやかな発想力」と「具現化するための計画力」を住まいづくりのプロセスにおいて発揮するのが建築家として、設計事務所としての役割であると考えます。
また施工者選びの際に、相見積もりを取りコストの検証とチェックをすることで、コストの適正化やローコスト化を計れるのも設計事務所ならではの特徴です。

私たちはクライアント(施主)と価値観や住まい方に対するヴィジョンを共有し、住まいづくりの全体をバランスを持ってプロデュースすることを第一に考えています。そのためには、まずクライアントとの信頼関係を大切にし、建物一つ一つに愛着をもって接することを心掛けています。

対話の中で生まれる理想の家づくり

良い住まいとは対話の中から生まれるものだと思います。
家をつくろうと思った時、初めから具体的なイメージを持たれている方はなかなかいないものです。設計事務所の役割は、そんな漠然としたイメージや所々の条件を一つ一つ読み解き、新たに編み上げていくことだと考えます。そのためには、住まい手とより多くの対話をし、価値観を同調させることがとても大切です。

断片的だった新しい住まいに対する夢や希望が、打合せを重ね、会話のキャッチボールをする中で、本当に欲しい住まい像を見つけ出される方は非常に多いです。ちょっとした会話の中や、なにげなく口にしたフレーズから新しいアイディアが生まれることも稀ではありません。会話の中からヒントを見つけ出し、それに住宅としての機能を与えながら空間や造形として表現していく。それが私たちの設計のスタンスです。

また、住宅が完成するまでには、施主、施工者、設計の三者がお互いを尊重し協力しながら目的の実現を目指すことが必要です。設計から建物が完成するまで、お互いを尊重したコミュニケーションと、ストレスを生まない程よい距離感が、良い住宅をつくる秘訣だと思います。

設計相談から建物の完成までの質問やエピソードをQ&Aに掲載しています。


記憶の中に残る空間

建築とは理性と感性の絶え間ない相互関係の中で成り立っています。
その中でも、良い建物、深く心に刻まれる建物や空間は、住む人や訪れる人に一瞬の輝きをもって永続的に記憶されます。その記憶の蓄積によって、人は独自の世界観を形成し、日々の生活の中に豊かさや潤いを感じるのではないでしょうか。

住まいにおいては、光のうつろいや風や緑の表情、造形美として空間にしつらえを施すことで、日常の生活の中に潤いや新しい価値観を見いだせるのではと考えます。そして、そのようなしつらえや空間の変化が心地よさに繋がり、建物としてのアイデンティティや唯一性を感じさせてくれるのだと思います。

また本来、住宅とはそこで生活を営む人を支えるための器です。
そのためには、住宅としての耐久性、安全性、快適性は不可欠であり、住宅としての基本性能をおざなりにして住宅を語ることはできません。良い住まいづくりとは、経験とノウハウに裏付けされた住宅の基本的な性能を追求しつつ、さらに住まうことの喜びを感じられる空間性を与えていくことだと思います。そのためには、理性の部分と感性の部分のバランスを取り、全体をコーディネートする構成力が問われるのではないでしょうか。

WORKSにて過去の住宅や店舗等を掲載しておりますので、画像にて作品をご覧下さい。

当設計事務所は栃木県近県域を中心に、地域特有の風土や生活環境にあった住まいづくりを目指し、若いスタッフ構成により、住宅や店舗を中心とした一般建築やリフォームなどの設計・監理を行っています。 作品集や完成見学会にて身近に建物をご覧いただける機会も多いですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

Column

当事務所所長羽鳥が、建築に対する考えや想いを綴ったコラムです。住まいを考える参考に、または建築への興味喚起に。ぜひご覧になってください。

Read More

Q&A

住まいづくりを行う中で多く寄せられた、住宅に関する様々な疑問や不安を、Q&A形式でご紹介いたします。

Read More